展覧会を終えて

JNTHED

ダメなものはダメ
いいものはいい
好きなものは好き
イヤなものはイヤ

そういう主観的な感情に従って生きる事にも、そろそろ限界を感じております。経験を重ねるうち様々な視点や意見を知り、かつて信じていた自分の中の正当性が失われていくからです。

疑わない事、想像しない事、反省しない事は、今を健全に生きる上で強いのかも知れません。でも僕にはもう、そこまで信じられる何かが無い。自分が描く絵の、その中に感じる確かな快楽以外には。

芸術も、エンターテイメントも本来、生き物が生きる上で必要の無いものです。だからこそ人の知性の証明であり、人が生きた証になり得るのだと思います。

学校や狭い世界の中だけで完結し生きていくのであれば特に困る事もないが、いざ外の世界に出してみるとまるで通用しないもの。それは、伝え、遺す文化としては脆弱すぎるのかもしれません。あるいは「外」で機能させる為の部品が欠落しているのかもしれません。「内」から見た場合の「外」とは、往々にして大雑把で、俗っぽく、場当たり的で、不完全なイメージを抱かせるものです。

完成された世界の中で生きてきた人間にとって「外」との接触は苦痛と屈辱を伴いますが、それを避け続けていれば、やがて自家中毒に陥り、揺らぎを失い、自壊してしまう事でしょう。

僕は今までゲーム制作の世界で生きてきました。僕にとって、美術の世界は「外」にあたります。逆に、美術の世界において僕は「部外者」です。

かつていた場所で何かを極めたわけでもなく、偶然ここにたどり着いてしまっただけの僕が、ここで何かを得たり、何かを与えようなどと思う事自体おこがましい事ですが、互いに信じるものをぶつけ合う事で、今まで見えなかった何かが見えてくるかも知れません。

最後に、今回このような展示の機会を与えて下さいました、村上隆氏をはじめ関係者の皆様、展覧会にお越しいただきました皆様に心からお礼申し上げます。

ありがとうございました。

CATEGORY

CALENDAR

5月 2011
« 4月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • ARCHIVE

TWITTER

SEARCH

ACCESS

〒164-0001
東京都中野区中野5−52−15
中野ブロードウェイ 3F
03-5345-7825
開廊時間:12:00 - 19:00
定休日:通常は水曜定休とさせて頂きますが、その都度お知らせ致します。

マップはこちら