展覧会を終えて

楚里勇己

今回村上隆様よりこのような機会を頂きました。
アルバイトの身でこのような展示に参加させて頂き大変嬉しく思っておりましたが、自分の身をもって今の日本画の問題提起をする事となりました。
このままでは自分自身ふくめ何も伝える事も感動させることもできない。
かつてない程の空虚感に襲われています。

多くの方々より頂いた御指摘が今の自分が行ってきた日本画だと思います。
密度、作品としてのコンセプトなどがまだぶれており、自分の中での処理がおこなわれていませんでした。
深く反省し、今後の制作につなげていかなければ日本画は今のままになってしまう。
今回ここまでの多くの方々から酷評のお言葉をちょうだいする機会に恵まれ、本当に日本画というものが終わっていることを自分の作品を提示し再確認する結果になりました。
しかしながら自分は日本画を描き続けます。
自分の作品の原点である花の作品に立ち戻り、余白で見せる画面というよりは、花の重なりの量で見せるような作品を作り、作品の画面の空間、密度などをあげる。そして何よりも自分自身の甘えを無くしzeroからのスタートです。

この度は、お忙しい中ヒダリジンガロにお越し頂きました方々、会場やtwitter等で多くのご意見頂きまして誠に感謝しております。
有り難うございました。
今後とも精進して参りますのでご指導のほど、宜しくお願い致します。

CATEGORY

CALENDAR

5月 2011
« 4月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • ARCHIVE

TWITTER

SEARCH

ACCESS

〒164-0001
東京都中野区中野5−52−15
中野ブロードウェイ 3F
03-5345-7825
開廊時間:12:00 - 19:00
定休日:通常は水曜定休とさせて頂きますが、その都度お知らせ致します。

マップはこちら