ステイトメント

巻田はるか

日本画は私にとって身近で、けれども遠い存在です。 私は日本画学科出身ではありません。

今年、京都精華大学デザイン学部ビジュアルデザイン学科イラストレーション科を卒業しました。すこし授業で日本画を学んだくらいで、これまでは全然日本画の勉強をせずに生きてきました。
この展覧会に参加させて頂くのをきっかけに日本画に深く触れる機会が増えいろいろと考えるようになりました。

深く触れるようになる前まで私の中での日本学科のイメージはもやもやしていてぼんやりと白いイメージでした。深く日本画に触れるようになった今でもそのイメージは変わっていません。
追いかけてもつかめない。まさに村上さんの仰るゴーストのような存在です。

日本画学科出身でない私は日本学科にたいしての愛着心がありません。日本画学科の日本画の事を考えるとやはりわたしはそのなかには入れず、外の人間だと感じます。そして入りたいとも思わないのです。現代の日本画は全体的に見ていてあまり面白くないから、というのが本音です。もちろん素敵な作品がたくさんあることは知っていますし、綺麗だなと感動することもたくさんあります。しかし”日本”という冠を背負っている絵画であれば、もっと刺激に満ちあふれ「これはすごい!」と興奮する絵がたくさんあってもいいのではないかと思うのです。漫画やアニメやpixivをみている方がよほど感動したり興奮したり真似したいと思ったり負けたくないと思ったり刺激に溢れているのです。

ならばその刺激にあふれているところこそが今の”日本の絵画”であると私は思っています。それでも私は日本画が大好きです。もともと浮世絵が好きで、その流れで上村荘園や鏑木清方などの美人画も見るのが好きになりよく美術館に行きます。美人画のなめらかな線や、鮮やかな朱の色使い、髪の毛の描き方などを見てそれを真似して描いて練習をしていたので影響もかなり受けています。私の一部になっています。

しかしアニメや漫画やネットで溢れている世界で成長した世代でもあります。りぼんやなかよしのキャラクターを真似して落書きノートに描いたり、今でも可愛いと思ったキャラクターなどは一回真似をして描いてみたりします。その真似してきたり可愛いなと思ったり格好いいなと影響を受けてきたものの全てで私の絵は構成され作られています。私が見てきた日本、見ている日本で、今生きている私が描く絵は過去にとらわれている日本画ではなく、今の日本の絵画です。日本画を捨てて、歩いて行こうとは思っていません。私の中に取り込まれた日本画と一緒に今の時代を歩んで行きたいと思うのです。

今回の震災で私は関西にいたので、揺れすらも感じず、震災が起こったあとも普段と変わらぬ日常をおくっていました。しかし、テレビをみると地震で倒壊した建物や津波の恐ろしい映像が流れ、ツイッターでは震災に関する情報が異様に飛び回っている、そんな画面の向こう側の世界とわたしとの日常に奇妙なズレを感じました。日常にぼんやりとした隙間が出来てしまったように感じました。今立っている地面は固いと無意識に信じきっていたのに、実はゼリーのようにゆらゆらしている、心もとないものだと知ってしまいました。急に日常が不安になりました。いままでの平和で幸せな日常が一瞬でなくなってしまうかもしれない現実が目の前に突きつけられていました。

震災が起った後に描いた絵は飛び交う情報に影響を受けて暗い絵が多くなり、しばらくそわそわして気持ちが落ちつかずにぼんやりとしていました。今はだんだんとその不安を解消したい、いつまでもぼんやりしていてはいけないという思いが絵に出きているように思います。

今回の「うららか」はその不安を解消したいという思いを”安心感”に変換しテーマに設定しました。こんなに大きい震災が起ってもわたしは絵を描くことしかできない人間なので、精一杯今の私が生きて感じる日本の絵画を制作していきます。

制作風景
うめ, 2010
 
ゆめうつつ, 2011

CATEGORY

CALENDAR

5月 2011
« 4月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • ARCHIVE

TWITTER

SEARCH

ACCESS

〒164-0001
東京都中野区中野5−52−15
中野ブロードウェイ 3F
03-5345-7825
開廊時間:12:00 - 19:00
定休日:通常は水曜定休とさせて頂きますが、その都度お知らせ致します。

マップはこちら