Recode 1st Exhibition 「Post dpi」

Recode 1st Exhibition 「Post dpi」

昔の家族写真は分厚いアルバムに収納されていた。
中には随分前に死んでしまった曽祖父や親戚なんかが写っていて、
家族から話を聞かされたものだ。

現代のそれらは全て新世代の技術によって更新されている。
家族写真はSNSのアルバムに、撮影はデジカメで行いPCの中にデータとして保存する。
それは効率を求める技術がもたらした恩恵でもあるが、
同時に僕らのひ孫に自身の写真を見せることができない時代だともいえる。

埃を被ったアルバムは家のどこかにひっそりと存在するが、
インターネット上のアルバムは僕らが死んでしまったら
それこそ誰にも手の届かないところにいってしまうからだ。

こういった断片が示す姿こそが今僕らの生きている現代の有る様なのかもしれない。
その断片とはイメージ、dot per inch – dpi
つまりデジタルデバイス上での点によって示された像だ。

本展の作家は皆、dpi というイメージの在り方に一定の関係性を示してはいるが、
決してそこに留まらずに次の領域を模索する―それこそを dpi の後に現れる表現、
即ち、Post dpi と呼びたい。

最先端のデジタル作品を制作する作家を取り上げてきた
ビジュアルレーベル「Recode」がプロデュースする本展では、
それぞれの作家の挑戦、また今まで交わることのなかった作家が
会するからこそ見える現代の在る様をお見せします。
どうぞご高覧くださいませ。

会期
2012年08月02日 – 2012年08月14日

レセプション
2012年08月04日 14:00-19:00(詳細

インスタレーション

After Party
2012年08月04日 19:00-24:00
M (Daikanyama, Tokyo)
東京都恵比寿西 1-33-18 コート代官山 B1

※2階Kaikai Zingaroでも同時展示

出展作家(4名)

Houxo Que

Recode 1st Exhibition 「Post dpi」

2012年08月02日 – 2012年08月14日

プロフィール

東京を拠点に活動する画家。10代でグラフィティと出会い、壁画中心の制作活動を始める。
作品の制作過程をショーとして見せるライブペイントも数多く実施。
現在は、蛍光塗料とブラックライトを使用し1枚の絵に2つの顔を持たせる
アンビバレントな手法を駆使した”Day and Night”と呼ばれるシリーズや
蛍光塗料自体の素材、物質性を追求した”fluorescence view”などの作品を発表している。
都会の片隅に咲く花や光を主題とし、そこに街のネオンや
星空のイメージを融合させて独自の世界を創り出している。

展歴
2012 Exhibition “Print and Paint”-Artkyoto2012/Kyoto,JPN
2011 Exhibition “Fluorescence view”-MUJI cafe/Shinjuku,JPN
Exhibition/premire:collaboration project with Norimichi Hirakawa
“days and nights”-commissioned JMAFD 2011/Dortmund,BRD
2010 Group Exhibition “BEGINNING! BEGINNING!”-SUNDAY ISSUE/Tokyo,JP
Group Exhibition “Hana to Diamond”-Compond Gallery/Portland,US

山口歴

Meguru Yamaguchi

Recode 1st Exhibition 「Post dpi」

2012年08月02日 – 2012年08月14日

プロフィール

1984年生まれ。
東京都渋谷区出身。現在ニューヨーク、ブルックリン在住。
主な表現手段は「カットアンドペースト」。アクリル絵の具、スプレー、割れたガラス、
樹脂等の素材を複雑にレイヤードさせ、あらゆる面で認知出来うる、多元化した文化
コミュニケーションをカットアンドペーストし、その縮図としてのランドスケープを制作する。
『Digital Impression』と題した自身のペインティングシリーズでは、SNS上に無数に散らばる、
現実世界では出会う事無い人々や景色、タイムラインに流れては消え行く
友人の画像を『現代の風景』と捉え、自分のフィルターを通し、その刹那を描き出している。

展歴
2012 Group Exhibition “The Art Show”-New York University, Stem/New York,US
Art Fair “NEW CITY ART FAIR-Japanese Contemporary”-hpgr GALLERY/New York,US

杉山峻輔

Shunsuke Sugiyama

Recode 1st Exhibition 「Post dpi」

2012年08月02日 – 2012年08月14日

プロフィール

1985年静岡県生まれ。大学卒業後、2009年よりフリーランス。
グラフィックデザイン全般の制作を行なう。
2010年「SHIFT カレンダーコンペティション 」のカバーに選出。
また、VIDEO BOY名義でVJとしても活動。

展歴
2011 EVA CUSTOM Launch Exhibition/IMPACT7
2010 【新しい】カオス※ラウンジ【自然】

TOKIYA

Recode 1st Exhibition 「Post dpi」

2012年08月02日 – 2012年08月14日

プロフィール

2007年フルカラーコミック「マホマ法」(ワニマガジン社)でデビュー。
CDジャケット(DJTECHNORCH/999 Recrodings、8bitpropher/VORC Records他)や
ピンナップ、コンシューマーゲーム用デザイン、コンセプトアートなどを手がける。

経歴
2011 AIXId Tshirt Exhibition [MOGRA]

Curator & Art Director

大楠孝太朗

Kotaro Okusu [Recode]

Recode 1st Exhibition 「Post dpi」

2012年08月02日 – 2012年08月14日

プロフィール

1984年福岡県生まれ。アートディレクター、グラフィックデザイナー。
媒体を問わずビジュアル制作を行なっている。
次世代の視覚表現の発展、普及を目指すビジュアルレーベル
「Recode」をKAI-YOU,LLC.と共に主宰。

Produce


Recode

次世代の視覚表現の普及・発展を目指したビジュアルレーベル。


KAI-YOU,LLC.

「すべてのメディアをコミュニケーション+コンテンツの場」に編集・構築することを目的としたメディアプロダクション。

2008年3月、文芸誌『界遊』の発行母体として運営開始。

ジャンル問わず書籍刊行、Webサービス、メディアの編集/プロデュース業務、カルチャー・音楽イベントの企画/制作など、幅広く活動する。

CATEGORY

CALENDAR

8月 2012
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • ARCHIVE

TWITTER

SEARCH

ACCESS

〒164-0001
東京都中野区中野5−52−15
中野ブロードウェイ 3F
03-5345-7825
開廊時間:12:00 - 19:00
定休日:通常は水曜定休とさせて頂きますが、その都度お知らせ致します。

マップはこちら