KANASHA Exhibition

KANASHA Exhibition

ご挨拶
村上隆氏のお誘いにより、「かなしゃ展」を開かせていただきます。
「かなしゃ」は、与論島に住むアーティストたちで年一回発行している小冊子です。
今年で3号になります。
島に住んでいると、与論の美しい海やのんびりとした風景だけではなく、
島の歴史や文化風習、島の人々の生活を旅人たちに知ってほしいと思うのです。
さらに、住んでいて個々に感じる想念や憧憬を形にして、
友人知人旅のひとたちと交歓したくなるのです。
この度は、画廊Hidari Zingaroで、世論の香りを手土産にして、
じかにみなさんと交歓したいと思います。ありがとうございました。

「かなしゃ」 代表 長崎歳

会期
2012年11月10日 – 2012年11月19日

レセプション
2012年11月10日 18:00-20:00

作品
「KANASHA」展によせて 村上隆
インスタレーション
ヨロン島復興チャリティLIVE「Yorondon Calling 」@LIVE STAGE GUILTY

Oz ZingaroHidari ZingaroKaikai Zingaro
3店舗同時開催

かなしゃスタッフ(5名)

長崎歳

葛飾柴又の帝釈天で草だんごをくって遊び、東京外語大から国会デモに通い、
京都大大学院で美学美術史を専攻すれど未来の職業が見えてきてアホらしくなり、
芝居が面白いかと小劇場「黒の会」を主宰したが、集団活動の限界を感じ、
青山墓地の墓堀人夫を経てイタリアにいって彫刻家になるも、
ヨーロッパの個展社交界もまたアホらしく、新大陸ブラジルへ渡るがなじめず南米を歩いてから、
北海道がいいかと思い予備校で喰ってオホーツク海の流氷の上にでかい「カニの爪」の
オブジェを置いたりして20年、こんどは南の離島与論島へと流れ着く。

長崎慶子

おけいさんとお店の歴史。
『第一幕』は東京渋谷の東邦生命ビル裏の<ろくでなし>(4年間)、
『第二幕』同じく渋谷の松濤町入り口(文化村脇)の <ろくでなし>(15年間)、
そして『第三幕』が札幌の<ティパサ>(7年半)。
そして今、ここ鹿児島県の最南端の離島、ヨロン島で、
2007年10月22日にオープンさせたトラットリア<アマン>(島の言葉で「やどかり」)は、
おけいさんとお店の『エピローグ』。東京、北海道、そして、今は沖縄に近い鹿児島最南端の島。
出会ったみなさんと今回の展覧会で再会出来る事を祈っています。

八木美穂子

京都に生まれ、横浜に育ち、2004年与論島に移住。
秋になると出稼ぎのために横浜に行き、春になると島に帰るという
某映画の登場人物のごとき二重生活。
島では家に引きこもって絵を描くインドアな生活をしています。
主な仕事はイラストレーターで、大学で教えたり、時々展覧会をしています。

東京芸術大学大学院美術研究科視覚デザイン専攻修士課程修了
第7回グラフィック展 協賛企業賞/朝日広告賞 表現技術賞 受賞
西武渋谷店美術画廊/ギャラリー巷房/ギャラリー21/ギャラリーハウスMAYA
他個展数回。横浜美術大学非常勤講師/東京イラストレーターズソサエティ会員

もとくにこ

福岡県大牟田市出身。2008年より両親の故郷の与論島に移住。
島ではイラストレーターの他ヨガ教室を開き、ヨガを教え、「かなしゃ」の編集に携わる。
セツ・モードセミナー卒業。福岡県広告協会ポスター部門銀賞受賞。
主な著書に、「月の花嫁」(ぎょうせい)、「本くに子の玄米ダイエット」、
(主婦の友社)、共著に「ママはヘアカットの天才だね」(河出書房新社)、「イネの絵本」
(農文協)等。

渡邉正臣

1942年1月6日生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒業後、CM制作業界に入り、ディレクター/プロデューサーとして、
SEIKO 日産 HONDA 武田薬品 花王 JTスーパーニッカ 日立等数百本の作品を制作。
特に20年にわたった「いいちこ」の制作はライフワークである。
2002年から山形の東北芸術工科大学 映像計画コース、
教授をつとめ2010年まで200余名の学生を送り出した。
2011年与論島に移住して現在に至る。

「かなしゃ」の想い

「かなしゃ」は奄美地方の方言です。人を送る離別の寂しさ、
家族との死別の悲しさなど、胸深くしみわたる切ないまでの哀しさには、
人を慕い敬う、恋しくて懐かしい愛情があふれています。
地理的な自然環境の過酷さ、圧政に翻弄されてきた民の歴史から醸成された情感でしょうか。
なにかポルトガルのファルドの底流にある「サウダージ」という海から帰らぬ
夫への哀惜と恋しさを表す情念に通ずるのではないかと思います。

CATEGORY

CALENDAR

11月 2012
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • ARCHIVE

TWITTER

SEARCH

ACCESS

〒164-0001
東京都中野区中野5−52−15
中野ブロードウェイ 3F
03-5345-7825
開廊時間:12:00 - 19:00
定休日:通常は水曜定休とさせて頂きますが、その都度お知らせ致します。

マップはこちら