ヨロン島復興チャリティLIVE「Yorondon Calling 」@LIVE STAGE GUILTY

11月12日、「Yorondon Calling」と名付けらたヨロン島復興チャリティLIVEが渋谷の LIVE STAGE GUILTYで開催されました。仕掛人は与論島でビレッジというホテルを経営している若旦那の大吾さん。

今年9月に発生した台風16号と17号によって大きな被害を受けた与論島。多くの民家が損壊し、生活に必要な物資がスーパーから姿を消し、タンカーが港につけず島のガソリンがスタンドから消えた事もありました。
でも、自然災害に負けず、与論島の住人は皆元気だよ!というパワーを届ける為に、大吾さん筆頭に与論のアーティストたちとその仲間で開催したのが「Yorondon Calling 」。

このライブハウスを経営している五十嵐ご夫妻は、 数年前から与論島に足を運ぶようになり、そのご縁で今回特別にスペースを提供して下さり一緒にイベントを作って下さったという男気あるご夫妻なのです。

現在、中野ブロードウェイで開催中のKANASHA展の開催に合わせて、与論在住のアーティスト、与論島の魅力にとりつかれて数年来来訪している方、展覧会がきっかけで与論を知った方、沢山の方が集まってライブは大盛況でした。

中野にある南国BAR&KITCHEN「aman」店長の沖さんのライブからスタート。
沖さんは大吾さんの従兄弟にあたる方で、南国が目に浮かぶような素敵な島唄を披露。

与論のお酒、有泉による与論 献奉(ケンポウ)も。
献奉とは、与論島への客人をもてなす伝統的な習慣で、
一人が親になり1つのグラスにお酒をついでいき、
順番に自己紹介を兼ねて口上を述べて飲み干すというものです。

献奉する前から大吾さんはベロンベロンでしたが、温かく見守る観客の皆さん。

パイナップル3等兵。大吾さんの同級生等と、三線弾きの吉村さんによるバンド。

「茜空」、妹の姪っ子に贈る「癒しのエリー」を熱唱。
しかし、、、ほとんど酔っぱらっていました。
与論島の情報誌「かなしゃ」3号の予告映像で、2:30あたりから
「茜空」を歌う大吾さんと三線を演奏する吉村さんの勇士がご覧頂けます。
「かなしゃ」3号の予告映像

たまに間違えてもご愛嬌。

CATEGORY

CALENDAR

11月 2012
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • ARCHIVE

TWITTER

SEARCH

ACCESS

〒164-0001
東京都中野区中野5−52−15
中野ブロードウェイ 3F
03-5345-7825
開廊時間:12:00 - 19:00
定休日:通常は水曜定休とさせて頂きますが、その都度お知らせ致します。

マップはこちら