NAWER 「COLORS IN SHAPESLAND」

この度Hidari Zingaroでは、2月28日(土)より、GEISAI∞infinity第二弾として、
NAWER 「COLORS IN SHAPESLAND」を開催します。

colors-in-shapesland

GEISAI∞infinity第二弾として、NAWER個展
「COLORS IN SHAPESLAND」を開催致します。

幾何学的で洗練されたラインと、ドリッピング等のアブストラクトな表情が共存する、NAWER独自の世界観と空間演出を是非体験しに来て下さい。今回の展示では、Hidari Zingaro、Kaikai Zingaro、Zingaro Spaceにて、キャンバス作品の展示販売及び、壁面へのペインティングを行なう予定です。初日2/28(土)は作家本人も参加するレセプションパーティーを予定しています。

 

Solo Exhibition 「COLORS IN SHAPESLAND」 by NAWER
The second installment of GEISAI∞infinity

In NAWER’s unique atmospheric presentation, refined geometric lines and abstract expressions such as
paint drippings effortlessly co-exist. Spanning Hidari Zingaro, Kaikai Zingaro, and Zingaro Space,
this exhibition will present works on canvas for sale as well as a live mural painting.
There will be a reception on the opening day, Saturday, February 28, with the artist in attendance.

会期

2015年2月28日(土) – 2015年3月17日(火)
2月28日(土)レセプションパーティーを行います。
(18:00〜20:00予定)
※水曜定休

時間
Open平日/12:00-19:00

※2階Kaikai Zingaroでも同時展示

参考作品


[画像1]ルブリン(ポーランド)でのOpen Cityと題されたイベントの一環として描かれたミューラル。(作家instagramより) [画像2]ワシントンでArt Whinoが主催したプロジェクトで描かれたミューラル。(作家instagramより) [画像3]DISCO TRAP III /100X100cm [画像4]FROZEN FRUITS Ⅰ / 600 × 1200

[Image 1] A mural created as part of an event titled Open City in Lublin, Poland. (From the artist’s Instagram) [Image 2] A mural created for a project organized by Art Whino in Washington, D.C. (From the artist’s Instagram) [Image 3] DISCO TRAP III/100 x 100cm
[Image 4] FROZEN FRUITS I/600 x 1200cm



参考映像

BOOM APARTMENTS | MAKING OF

NAWER VS TEMPORARY SPACE DESIGN | making of

HELI – NAWER vs TEMPORARY SPACE DESIGN

プロフィール
ポーランド生まれのNawerがストリート・アートに傾倒しだしたのは、90年代中頃であった。
ポーランドのクラクフにて建築学と都市計画を学び、
卒業後、2003年より、精力的にペインティングを行う一方、
フリーランスのインテリア・デザイナーとして働く。
2006年には、インテリアとグラフィック・デザイン、背景画に特化したArtede7 Studioを設立。Nawerの作品は、個展、グループ展、そして、オンラインはもちろん、
様々な出版物でも取り上げられている。
最近では、デザイン・コレクティブ、テンポラリー・スペースとのコラボにより、
自身の作品と最新のビデオや3Dマッピングの技術とを掛け合わせた、
視聴覚的な一連のパフォーマスを発表している。

美学
Nawerは自身のスタイルが発展し続ける中、「常に標榜している目標は、建築学と絵画とを結びつけるための努力をし続ける事」であると言う。
彼は、ストリートであろうがなかろうが、壁画、キャンバス、マルチメディアのインスタレーションも含め、建築との結び付きを心がけている。
彼はこれを、スプレー缶、マスキングテープ、デザインカッター、ステンシル、そして正確さによって達成する。
巨大な作品を制作する際は多くの場合公共の機能的な場所を選択し、壁へ描き始める前に、小さい規模の詳細を記したスケッチを作成する。
建築学の基礎である、体積、質量、色、空間、そしてリズムを幾何学平面、変動する軸線と多角的な視点を駆使して二次元の面に与え、三次元的な錯覚を引き起こす。
分解されたエックス-ウィング・スターファイターのコンピュータ・モニター上の標的画面の様に、多数の線が何次元もの面と交わり、面を横切り、分割し、またダイナミックにかつ鋭角的に幾何学形状のそばを通り過ぎ、観る者に向かってもしくは観る者から離れていくかの様に動く。
Nawerの色彩はそのような絵の空間的な深さを裏付けている。
観る者を刺激する強烈で鮮やかな色彩が、黒、白、そして、中間色を引き立てる。
彼の作品の幾何学的な層を築く形は、時には透き通っているかの様に現れ、また別の時には、垂れたペイントのような質感に満ちている。
それらは、完璧なまでに達成されたグラフィックに人の特質性という要素を引き合わせているのだ。

これらが彼の作品に与える全体的な効果は、未来的である。
特に、照明やプロジェクションを駆使して広大な空間を変質させたインスタレーション作品ではそれが顕著だ。
しかしそれでも1920年代のロシア・アヴァンギャルド期の芸術家達を思い出さずにはいられない。
勇敢にも具象芸術を打ちやって幾何学形式にフォーカスした、カジミール・マレーヴィチやエル・リシツキーの様な作家達は、数えきれない程の、平面図形のキャンバス作品(白地のキャンバス上に黒の四角や円が描かれているのを想像してほしい)に生涯を捧げたが、空間的な深みのある遠近法で、しっかりとした形の入った作品もあった。
実際、バウハウス、構成主義やデ・ステイル運動に影響を与えたシュプレマティスム主義者、エル・リシツキーは、抽象幾何学作品のシリーズ、プロウンを生み出した。
リシツキーは、それらの作品を、「絵画から建築へと変化した出発点である」と表現した。
しかし、そのような手法が、いつかキャンバスを大きく飛び超えて、六階建てのビルの壁面や児童公園の壁、車の表面までを覆うことは、彼だって想像していなかったであろう。
Nawerは、これらの表面やその他の様々なものに、新たな力強さを与えている。

 

Polish artist Nawer has been involved in street art since the mid-1990s.
He graduated from the Architecture and Urbanism program in Krakow and in 2003 focused his energies on painting and freelance work as an interior designer.
In 2006 he formed Artede7 Studio which specializes in interior and graphic design as well as scenography.
Nawer’s art has been featured in solo and group shows as well as online and in various print publications.
Recently Nawer has collaborated with the Design Collective, Temporary Space, in a series of audio visual performance projects that combine his artwork with the latest in video and 3-D mapping techniques.

AESTHETICS
Nawer states that as his own style evolves, “the goal is always to strive forward in an effort to connect painting with architecture.” He does this both on and off the street, in projects including murals, canvases, and multi-media installations. This goal is pursued with aerosol, masking tape, X-ACTO blades, stencils, and precision. He often selects public and functional spaces for his large-scale work, and then creates detailed sketches at a small scale before starting on the walls. Two-dimensional surfaces are given volume, mass, color, space, and rhythm ― the basic elements of architecture ― as he superimposes them with geometric planes, shifting axes and multiple perspectives which result in the illusion of 3-D.

Like a deconstructed targeting computer on an x-wing starfighter, lines intersect planes / slide past or fit into or bisect other planes / dynamically shoot past shapes at sharp angles towards or away from the viewer. Nawer’s color palette reinforces the perception of depth. Black, white, and neutrals are activated with intense or fluorescent colors which punch forward. Cleanly defined shapes sometimes appear to be transparent revealing layers of geometry. At other times planes are filled with a texture of paint drips, which introduce a human quality to these perfectly executed graphics.
The overall effect is futuristic, especially when installation pieces include light and projection and transform enormous interiors. And yet, we can’t help but flash back to artists of the 1920s Russian avant garde ― artists like Malevich and El Lissitsky ― who boldly discounted figurative art and focused on geometric forms. They devoted countless canvases to flat, absolute shapes (think black square or black circle on white canvas) but also rendered shapes with depth and perspective. In fact, El Lissitsky ― a Suprematist whose work influenced the Bahaus, contructivist, and De Stijl movements ― created a series of abstract geometric paintings which he called Proun. He described them as, “the station where one changes from painting to architecture.” But he may not have imagined these paintings expanding beyond canvas boundaries to skin six-story buildings, playground walls, and even cars. Nawer has introduced a dynamic new energy to these surfaces and many more.

CATEGORY

CALENDAR

2月 2015
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  
  • ARCHIVE

TWITTER

SEARCH

ACCESS

〒164-0001
東京都中野区中野5−52−15
中野ブロードウェイ 3F
03-5345-7825
開廊時間:12:00 - 19:00
定休日:通常は水曜定休とさせて頂きますが、その都度お知らせ致します。

マップはこちら