2015年07月07日更新履歴

    「NOIRFLUO」DEBZA-REMS

    この度Hidari Zingaroでは、7月18日(土)より、GEISAI∞infinity 2015年下半期
    第一弾として、「NOIRFLUO」DEBZA-REMSを開催します。

    NOIRFLUO by DEBZA-REMS
    The first installment of GEISAI∞infinity for the second Half of 2015

    会期

    2015年7月18日(土) – 8月4日(火)
    ※オープニングレセプション 7月18日(土)18:00~20:00予定
    ※水曜定休

    時間
    12:00-19:00

    Dates
    July 18 (Thu)– Aug 4 (Tue)
    Opening Reception : 18:00 to 20:00 on Saturday, July 18
    CLOSED on Wednesday
    12:00-19:00

    ※2階Kaikai Zingaro、Zingaro Spaceでも同時展示

    参考作品

    Debza1Debza2Rems 1Rems 2

    

    Ghetto Farceur

prof-ghetto

プロフィール

Ghetto Farceurの核となるコンセプトは2008年4月1日、貪欲に新たなスタイルを追求していたRems(レムス)の活動過多で怠惰な脳内で発生した。

ある朝、彼は自身の空想的なグラフィティの構造へ黄金比を適用することで、豊かで複雑な世界の表現できることを発見した。そして重要な事は、それが今まで誰も見たことがない世界だということだ。フラクタル数学を基礎とするこの独特なモデルはすぐに、永続的に反復できるものであることが判明した。この貴重な秘訣を手に、Remsは、Ghetto Farceur (ゲットーのジョーカー)という一つの理念の元に団結できる、潜在能力のある仲間を必死に探し求めた。

その選抜メンバーが、Rems、Fan、Kurve、Kloz、Neist、Bims、Skio、Debza、そしてRekulatorである。

このFrench Touch(フランスの手法)ともいうべき完成された知識は皆に明かされ、新しく加入したメンバーは、各々の痴呆性をその構造へ貢献した。

その方法はある意味道理的でありながらも突飛で、狂気における秩序性、一般的に考えられるよりも身近な将来の夢ビジョンを喚起しながら夢見る事など、Ghetto Farceurというグループは世界中で、誇張された絵画的ジョークのてんこ盛りを振舞うことで既成のルールや品行の規則の権力構造を揺さぶり続けている。

グループの融合が完成すると狂気、排他性、悪意、信じがたい事、そして奇異性が発生する。生来的に折衷主義であるGhetto Farceurは、夢を見たり、微調整したり、燃やしたり、懐古的なことから近未来的なこと、ベチャベチャしたことから香ばしいこと、太いものから細いものまで、なんでも実験することを好む。

Ghetto Farceurにはひとつの極端から別の極端へと振れる抗しがたい傾向がある。面白半分にジェダイの精神トリックが言語的遊戯と戯れ、その感覚、音や動きが絵画的感情へと変換される時、Ghetto Farceurの作品は、嬉々として抽象的で不遜な蛍光的次元へと展開する。

PROFILE

The Ghetto Farceur crew’s core concept emerged on the first of April 2008, inside Rems’ hyperactive lazy brain structure, hungry as he was for stylistic novelty.

One morning, he discovered that, by applying the Golden ratio’s square to his fantasy graffiti structure, he could reach the expression of a rich and complex universe, and more importantly, a universe that had never been witnessed before… Based on fractal mathematics, this unique model soon proved to be infinitely repeatable… With this precious secret in hand, Rems soon went on a desperate hunt for fellow under-developed disciples, united under one cause: the Ghetto Farceur (Ghetto “Jokers“).

The chosen ones were Rems, Fan, Kurve, Kloz, Neist, Bims, Skio, Debza & Rekulator.

With the ultimate knowledge of French Touch revealed to all, each new member brought its own dementia to the structure.

Reasonable in it’s own way yet far fetched, methodical in its madness, dreaming while evoking dream visions of a future closer than you think, the crew hasn’t stopped shaking the establishment’s rules and code of conduct ever since, with large servings of bigger than life pictorial jokes around the world.

The insanity, exclusiveness, malice, the incredible and the weird emerge once the fusion is complete. Eclectic by nature, the GF love to dream, tweak, burn, experiment from retro to futuristic, from slushy to crispy, from fat to thin and so on…

The GF has an irrepressible tendency of going from an extreme to the other. When Jedi mind tricks flirt with wordplay and that sensation, sound and movement translate into pictorial emotions, the GF bursts in joy as their work takes an abstract and irreverent fluo dimension.

プロフィール

フランスのトゥールーズ出身のDebzaは、非常に若くしてグラフィティの世界へ傾倒した独学のアーティストだ。持って生まれたアートへの好奇心が彼をヨーロッパの旅へと誘い、ドイツ、イタリア、スロベニア、スロバキア、ハンガリー、ギリシャなど訪れた数多くの国々で素晴らしいアーティスト達を発見し、絵を描いていった。

シリアスでありながらも奇抜なDebzaの世界観は、日本の文化、グラフィティ、タトゥー、旅とホラー映画の融合によって形成されたものだ。情報通の観察者である彼は、自身のいる環境を餌にして、フランスのグループGhetto Farceurと共に絶え間ない進化を遂げ自身の限界を押し広げていく。

現在はカナダのモントリオールにあるタトゥーマニアという店で、プロのタトゥーアーティストとして働いている。彼は今もタトゥーという媒体が自身のアート活動に効果的となるような終わりなき可能性を模索していると同時に、日々絵を描き、創作をしている。

PROFILE

Debza from Toulouse, France, is a self-taught artist who fell for the world of Graffiti at a very young age.
His natural curiosity has compelled him to travel in Europe for his art, where he discovered great artists and painted in various countries such as Germany, Italy, Slovenia, Slovakia, Hungary, Greece, and many other.

Debza’s world, both serious but very quirky, is a mixture of Japanese culture, Graffiti, tattoo, travel, and horror films. An informed observer, he feeds on his environment to evolve constantly, and keep pushing the limits of his own style together with the French crew Ghetto Farceur.

Currently living in Montreal, Canada, Debza is working as a professional tattoo artist at the Studio Tattoo Mania.
He explores now the endless possibilities that this medium can bring positively to his work, while continuing to paint and create everyday.

プロフィール

イメージの力に魅了され、独学で創造性を習得してきたRems(レムズ)は、2004年に壁へのスプレーペイントを開始し、以来伝統的なグラフィティに取り組む革新的な方法を模索し続けている。

Remsが壁に描く作品は、精密で類稀な蛍光世界を開発し、未来的で型にはまらないグラフィティを追い求めることで、時として閉鎖的なグラフィティ世界の習わしを転覆させようとする意思に突き動かされている。これを遂行するため、Remsはスプレー道具の提供する無限の可能性を利用し、そして技術的制限や制作の規模を体系的に押しのけ、また新しい制作過程を探索している。

2008年、Remsは、フランス、モントリオール、そしてロンドンの9人のフランス人アーティストを集め、Ghetto Farceurという集団を創設した。彼らは、この革新的で他にはない精神を守るため世界中を巡り、超現実主義と彼らの対照的な世界が完璧に融合された巨大な壁画を制作している。

2011年初頭、”Handicapable”というコンセプトが生まれ、RemsとアーティストBimsによって実行された。このプロジェクトではお互いの壁やキャンバス制作を混ぜ合わせ、彼らは自身らの作品に、目隠しペインティングや左手描き、お互いの手首をロープで繋ぐ等、特定の制約を与えた。

イラストから抽象化へ、レトロから未来派へ、線から突出物へ、もしくは、絵画と展示との中間において、Remsの作品では構造と体積が際立ち、蛍光色の狂気の中で流動的かつ明解なセットとして整えられている。

PROFILE

Creatively self-taught and fascinated by the power of the image, Rems turned in 2004 to the spray paint on wall and has since explored an innovative way of approaching the traditional Graffiti.

Developing a precise and singular fluo universe, seeking a futuristic and uninhibited graffiti, his work on wall is driven by his will to upset the codes of the Graffiti environment that at times feels introverted. To this end, Rems uses the infinite possibilities offered by the spray tool and by systematically pushing away the technical limits and production sizes, or by the exploration of new processes of creation.

In 2008, Rems gathered nine French artists distributed in France, Montreal, and London to create the Ghetto Farceur collective. In order to defend their innovative and offbeat spirit by travelling around the world, together they produce huge frescoes, which are complete fusions of their surrealist and contrasted universe.

In early 2011, the concept “Handicapable” was born, which Rems implemented together with artist Bims. Mixing their wall and canvas realizations, they imposed in their work certain constraints such as blind-painting, painting with left hand, and painting while bound to one another by a rope at their wrists.

From the illustration to abstraction, from retro to futurism, from lines to extrusions, or between paintings and installations, in Rem’s work the structures and volumes stand out and get organized in a fluid and coherent set in its fluorescent madness.

CATEGORY

CALENDAR

7月 2015
« 5月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

TWITTER

SEARCH

ACCESS

〒164-0001
東京都中野区中野5−52−15
中野ブロードウェイ 3F
03-5345-7825
開廊時間:12:00 - 19:00
定休日:通常は水曜定休とさせて頂きますが、その都度お知らせ致します。

マップはこちら