©2017 MADSAKI/Kaikai Kiki Co.,Ltd. All Rights Reserved.

この度カイカイキキギャラリーでは、MADSAKIの個展を行います。
それに関連して、中野ブロードウェイKaikai Zingaro(ショーウィンドウ)では、
MADSAKI作品を展示しております。
是非見に来て下さい。

【ショーウィンドウ内展示作品】


BRING MORE BEERS(MADSAKI over snipe1)
1,568×3,093mm
Acrylic based spray pain on tarp
2017


Homage to Takashi Murakami Flowers 1 A
1,000 x 1,000mm
Acrylic paint, aerosol on canvas
2016

【Kaikai Kiki GalleryでのMADSAKI個展概要】
MADSAKI個展 「HERE TODAY, GONE TOMORROW」

カイカイキキギャラリーでは、5月19日(金)より、MADSAKI個展「HERE TODAY, GONE TOMORROW」を開催致します。

1974年に大阪に生まれたMADSAKIは、幼少時に人種の坩堝のニューヨークへ移住し、パーソンズ・スクール・オブ・デザイ ン(ニューヨーク)を卒業後、国際的アーティスト集団Barnstormersのメンバーとして活動する経験を経て、東京とニューヨ ークを拠点に活動してきました。細密なドローイングから巨大なインスタレーションまで幅広く手掛け、近年は、挑発的な言 葉を用いた作品や、歴史上の名画を引用した作品などを制作し、芸術の意味や作品の価値についてアイロニカルな視点で問 いを投げかてきました。

昨年2016年8月には、中野ブロードウェイのHidari ZingaroにてMADSAKI個展 ”HICKORY DICKORY DOCK”が開催 され、過去の映画のワンシーン、政治家の肖像画、アーティスト村上隆のお花作品シリーズといった、様々な社会に氾濫するイ メージから引用されたアプロプリエーション作品や、挑発的・風刺的なフレーズを作品化したペインティングを展示し、その 政治的・社会的問題意識と、それらを超越するスプレーワークの作品群は、大きな話題となりました。
そして、今回はカイカイキキギャラリーにて、自身の妻を題材にした、プライベートな自己言及的アプローチを試みた新シリー ズを展開致します。この、自身がこれまで模倣してきた過去の巨匠達に自分自身を置き換えた様な倒錯的な作風には、NYの ストリートカルチャー、メッセンジャー体験等をバックボーンに持ち、日本とアメリカの両方に跨った複雑なアイデンティティ を抱えた作家の想いが込められており、移ろいやすく儚い日常に対する眼差しと反骨精神が同居した、私小説的な新しい表 現へと到達しています。 MADSAKIという作家の新たな挑戦を存分に発揮した展示空間を、是非ご高覧頂きたく存じます。

MADSAKI’s solo exhibition, “HERE TODAY, GONE TOMORROW” will be opening at Kaikai Kiki Gallery from May 19, 2017.

MADSAKI was born in 1974 in Osaka, Japan. After immigrating to the melting pot known as New York at a young age and graduating from Parsons School of Design, he worked as a member of the international artist group Barnstormers before starting his solo career based in Tokyo and New York, ranging from elaborative drawings to huge installations. In recent years he has drawn on provocative words and historic masterpieces in his work as a way of asking questions about the meaning of art and the value of artwork from an ironical point of view.
In August 2016, MADSAKI’s solo exhibition titled “HICKORY DICKORY DOCK” was held at Hidari Zingaro in Nakano Broadway, Tokyo. Presented works include some canvases in which he appropriated an overwhelming variety of images that flood our society such as movie scenes from the past, portraits of politicians and flower motif paintings by artist Takashi Murakami, along with Kaikai Kiki Co. Ltd March 2017

a series of paintings composed of provocative and satirical phrases. The transcendental absurdness of his spray paintings over the underlying awareness of political and social issues became a big topic in the local art scene.
In this exhibit, located at the Kaikai Kiki Gallery, the artist will expand upon a new series where he experiments with a more private, self-referencing approach in which he chose his wife as his subject. The perverse style as if he was replacing the masters he has imitated in the past with himself reflects the sentiment of an artist like MADSAKI, whose complex identity spanning both Japan and the United States embraces the street culture of NY and his experience there as a bike messenger. With this new form of expression, MADSAKI attained a quality of a fine piece of literature where he depicts his own personal life through an insight into the fleeting, transient nature of everyday life, and with the rebellious spirit at the same time.
Please come see the new challenge taken on by the artist MADSAKI in his latest solo show at Kaikai Kiki Gallery.

【作家から本展に寄せて】

僕は今までこの世を儚んで、むしゃくしゃする気持ちを スラングに転化してその言葉を絵にしてきた。 もしくは、過去の名画や有名人を、缶スプレーで描くことで、 自分の通ってきた美の価値にツバを吐きつけて、 やっと自分が今生きてることを確認してきた。
今回の新作の絵は、嫁さんの絵を中心に描いている。 何枚目かの嫁を描いている時、スタジオで涙が止まらなくなった。
無常。
今感じている愛や強い絆を永遠と思いたい。 でも、永遠、なんて絶対無くて いつの日かガラガラと崩れてしまう。
きっと大地震が来たりして きっと戦争が起こったりして きっと、僕らがお互い心変わりしたりして
崩れていってしまうんだ。 FUCK OFF!
嫁の絵を描いていて、涙が出てきたけれども、 ノズルを取り替えてぶわ~っと色を噴きつける。
クソな自分を罵倒して、唾棄して とにかく色を噴き付けろ。 とにかく色を噴き付けて、 そうすることしか出来ないんだぜ僕は。

MADSAKI

I have always tried to transform my rugged feelings toward this fleeting world into slang and make paintings with those words. Or, I’ve barely managed to prove to myself that I am in this world by painting past masterpieces and celebrities with a spray can, and in doing so, spitting on the value of beauty I’ve gone through.
In most of these new works, I draw my wife. While drawing her in my studio, there were many times that I could not stop crying.
Transience.
I want to believe that these feelings of love and strong connection will last for eternity. However, there is no
eternity and one day it will come to a rattling collapse.
Probably a big earthquake will come. Probably a war will break out. Probably…our hearts will grow apart.
It will collapse. FUCK OFF!
Although tears are coming down as I draw my wife,
I replace the nozzle and spray on the color.
I curse my shitty self, spit on it, and spray on the color somehow. Somehow the color is sprayed, that’s all that I can do.

MADSAKI

1974年 大阪生まれ Parsons School of Design, Fine Arts 課卒業

2016 “HICKORY DICKORY DOCK” HidariZingaro,Tokyo, Japan
“WANNABIE’S COLLECTION” CLEAR EDITION & GALLERY, Tokyo, JAPAN
2015 “WANABBIE’S” CLEAR EDITION & GALLERY, Tokyo, JAPAN
“Please Don’t Spit On The Painting” HVW8 Art + Design Gallery, Los Angeles, CA
2014 “Oodles of Doodles” CLEAR EDITION & GALLERY,Tokyo, Japan
2013 “Write Here Write Now” CLEAR EDITION & GALLERY,Tokyo, Japan
【開催概要】
MADSAKI個展「HERE TODAY, GONE TOMORROW」
□日程:2017年5月19日(金)~6月15日(木) ※初日18:00よりレセプションを開催
□時間:Open: 11:00-19:00 / Closed:日、月、祝
□場所:Kaikai Kiki Gallery 東京都港区元麻布2-3-30 元麻布クレストビルB1
http://gallery-kaikaikiki.com

MADSAKI solo exhibition “HERE TODAY, GONE TOMORROW”
May 19 – June 15, 2017 *Reception open from 18:00 on opening day
GALLERY HOURS: 11:00 – 19:00
GALLEY CLOSED: Sunday, Monday, Public Holiday
Location: Kaikai Kiki Gallery
Motoazabu Crest Bldg. B1F, 2-3-30 Motoazabu, Minato-ku, Tokyo

CATEGORY

CALENDAR

4月 2017
« 12月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • ARCHIVE

TWITTER

SEARCH

ACCESS

〒164-0001
東京都中野区中野5−52−15
中野ブロードウェイ 3F
03-5345-7825
開廊時間:12:00 - 19:00
定休日:通常は水曜定休とさせて頂きますが、その都度お知らせ致します。

マップはこちら