2017年11月18日更新履歴

    Laugh Now, Laugh Later: Painted Drawings

    Laugh Now, Laugh Later: Painted Drawings


    “Smiling Faces Show No Traces #1”, 2017, Acrylic and oil on canvas Aluminum stretcher, 152.4 x 182.88 cm

     
    Hidari Zingaro is pleased to present “Laugh Now, Laugh Later: Painted Drawings”, a solo exhibition by Timothy Curtis opening on Thursday, November 23rd.
     
    Hidari Zingaroでは、11月23日(木)より、Timothy Curtis個展「Laugh Now, Laugh Later: Painted Drawings」を開催致します。

     
     

    Date
    Thur., Nov. 23 – Tue., Dec. 5, 2017
    12:00-19:00
    *Reception open from 18:00 on opening day
    *Closed on Wednesdays

    会期
    2017年11月23日(木)~12月5日(火)
    12:00-19:00
    ※レセプション 11月23日(木)  18:00~予定
    ※水曜定休

     
     

    From Takashi Murakami

    Kaikai Kiki will be holding a solo exhibition by Timothy Curtis at our Hidari Zingaro space in Nakano, Tokyo. I first saw his artwork through @Juxtapozmag’s introduction page on Instagram. Following that I visited his page @timothy.curtis, and then I went to meet him at his studio in NY and we started talking about an exhibition. Our conversation went quite swimmingly as did our p lans and now we are able to do this exhibition. Nakano’s galleries character is centered on exhibitions focused on street art, graffiti, alternative artists, and written works. This this time round we intend on having Timothy bringing the heart of NY to Tokyo! Please look forward to it!

    -Takashi Murakami

    村上隆より本展に寄せて

    東京中野のカイカイキキ運営のギャラリーHidari Zingaroでは、ティモシー・カーティスの個展を行います。そもそも彼を知ったのは、InstagramのJuxtapoz Magazineのページでの紹介コーナーを見てのこと。本人のページにもアクセスして、NYの彼のスタジオまで会いに行って、展覧会の話をしたら、とんとん拍子で決まって行って、今回展覧会が出来る事になりました。中野のギャラリーはストリートアートやグラフィティ、オルタナティブな作家、作品を中心に展覧会を構成してきてますが、今回のティモシーさんはNYど真ん中の空気を東京に運んでくれるでしょう!お楽しみに!

    ‐村上隆

    Sample Artworks

    • Cool On Top by Myself, 2017
      Acrylic and oil on canvas Aluminum Stretcher
      Size:121.92 x 182.88 cm
    • The King of the Pyramid Lounges, 2017
      Acrylic and Oil on Canvas Aluminum Stretcher
      Size:121.92 x 182.88 cm

     

    • I Wear my Heart on my Face, 2017
      Acrylic and oil on canvas Aluminum Stretcher
      Size:121.92 x 182.88 cm
    • Going Left to Make it Right, 2017
      Acrylic and Oil on Canvas Aluminum Stretcher
      Size:121.92 x 152.4 cm

     

    Timothy Curtis(ティモシー カーティス)

    p1

    Timothy Curtis is a self-taught artist who began his career in the streets of Philadelphia in 1991 at age 9. Graffiti was a natural outlet for him, given the intensity of both his energy and surroundings. Curtis found himself painting and writing calligraphy by the age of 13, which created a life-long passion for simple yet endlessly variant lines. To date, Curtis’s artistic style is defined by a powerful and evolving line that, for the artist, embodies and communicates his thoughts and emotions through the action of creation. By design, the work is intended to inspire a new visual language, inclusive of and available to all people regardless of access, background, or conditioning. Through facial and figure interpretation, Curtis uses intuitive painting and drawing techniques seeking t o understand the mind’s innate way of constructing human representations.

    His passion for supporting community development and teen creativity has fostered collaborations with the Brooklyn Public Library (2017) and Brooklyn’s Clara Barton High School (ongoing). The exhibition with Kaikai Kiki marks Curtis’ s first solo exhibition with a gallery.

     
    Timothy Curtis(ティモシー・カーティス)は独学で美術を習得した作家で、9歳だった1991年に、フィラデルフィアのストリートでアーティストとしてのキャリアをスタートさせた。強烈なエネルギーと環境とを併せ持つ彼が、それらを発散させる手段としてグラフィティを選んだのは当然の流れだった。13歳になる頃にはカリグラフィをペイントしたり書いたりするようになり、シンプルでありながらどこまでも変わり続ける線への、生涯をかけた情熱が形成されることになる。現時点でカーティスの表現スタイルは、力強く、そして進化を続ける線によって定義される。彼にとって線とは、創作を通じて自らの思考と感情を具現化し伝えてくれる存在なのだ。彼の作品は、アクセスやバックグラウンド、また条件といった要素に左右されることなく、誰もを取り込みまた誰もが受け取ることのできる新たな視覚言語を呼び覚ますことを意図して作られている。顔や人物像の解釈にあたっては直感的なペインティングおよびドローイングテクニックが用いられており、それによってカーティスは、我々の意識が生まれつきどういう風に「人間」という像を形づくっていくようになっているのかを理解しようとしている。

    コミュニティの発展やティーンの創造性をサポートしたいという彼の情熱は、ブルックリン公立図書館(2017)や同じくブルックリンにあるクララ・バートン高校(~現在)とのコラボレーションに繋がっている。カイカイキキでの展示は、カーティスがギャラリーで行う初の個展となる。

CATEGORY

CALENDAR

11月 2017
« 9月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • ARCHIVE

TWITTER

SEARCH

ACCESS

〒164-0001
東京都中野区中野5−52−15
中野ブロードウェイ 3F
03-5345-7825
開廊時間:12:00 - 19:00
定休日:通常は水曜定休とさせて頂きますが、その都度お知らせ致します。

マップはこちら