Into the Void

Into the Void


Children of Doom, 2017, oil on canvas, 24 x 18 inches

 
Solo Exhibition “Into the Void” by Ana Bagayan.
アナ バガヤン個展 “Into the Void(無限の世界へ)”を開催いたします。

 
Date
June 23 (Fri) – July 11 (Tue)
12:00-19:00
※Opening reception on June 23 (Fri) 18:00~
※CLOSED on Wednesdays

会期
20176月23日(金) – 7月11日(火)
12:00-19:00
※レセプション 6月23日(金)  18:00~予定
※水曜定休

Reference Works(参考作品一覧)

Ana Bagayan(アナ バガヤン)

p1
Photo by Sam Graham

Born in Yerevan, Armenia in 1983 and earned a BFA in Illustration from Art Center College of Design in Pasadena, CA in 2005.
She has been exhibiting in galleries around the world for over 10 years.
The awards include American Illustration and Communication Arts awards.

The artwork for this show was created during my travels around the perimeter of the United States in 2016-2017. The title ‘Into the Void’ represents this new period of my life where I left behind my home, studio, and comfort zone to experience something new.

Two months into my travels, I unexpectedly received the invitation from Takashi Murakami to exhibit at Hidari Zingaro. I had been traveling with my husband and two dogs through Washington state and Takashi was curating an exhibition in Seattle. There we were able to meet up in person to discuss the show. Although I did not know how the creative process would unfold while traveling, I accepted this new challenge to create artwork for exhibition.

The themes that I experienced while traveling became the basis for the themes in my artwork, such as faith in abundance, and the constant push and pull between negative and positive states of being. The artwork tells a dark-to-light story, taking a look at the present and imagining a future in which humans and aliens live together in Peace. Into the Void represents my exploration of the future as well as my personal journey into a nomadic lifestyle.

My trip coincided with the US presidential election and although my artwork is not political, I found myself reacting to events by making artwork that imagined a more positive outcome. For example, my use of aliens, humans, and hybrids symbolize how refugees and immigrants are perceived within our society today. However, in my paintings, the humans are the refugees and the aliens are the welcoming hosts.

The paintings are part of an on-going theme that I have described as Futurealism, which means imagining and manifesting a positive future through artistic expression.

 

1983年アルメニア、エレバン生まれ。2005にカルフォルニア州パサデナにあるアートセンター・カレッジ・オブ・デザインのイラストレーション科で美術学士号を取得。ここ10年以上、世界各地のギャラリーで展示を行っている。アメリカン・イラストレーションやコミュニケーション・アーツなどの賞を受賞。

本展覧会の作品は、2016年から2017年にかけてのアメリカ大陸周遊旅行中に制作されたものです。’Into the Void(無限の世界へ)’というタイトルは、家もスタジオも慣れ親しんだ世界から離れ、全く新しい何かを経験しようとする私の新たな人生のことです。

そのアメリカ周遊開始から2ヶ月後、村上隆さんより、Hidari Zingarodeで個展を開催しないか、と思いがけないオファーをいただきました。その時、私は夫と2匹の犬とワシントン州を通過していて、村上さんはシアトルでのJUXTAPOZ x Superflat展のキュレイションを行ってました。そこで個展の話し合いのためシアトルへ向かいました。旅をしながらどのように制作すべきか全く皆目検討もつかなかったが、この展覧会のための制作を行うという新しいチャレンジをすることにしました。

今回の作品制作の基礎となるテーマは、旅行中に経験したものです。例えば、豊かさへの信仰、存在状態のネガティブさとポジティブさの間での押し出したり誘引したりというものです。作品は、陰と陽お話です。現在を一瞥し、エイリアンと人類が平和的に共存するような未来を想像する。私自身が遊牧的な生活スタイルへとしたように、”Into the Void”は私の将来の模索を表しています。

私の旅はアメリカ大統領選と同時に開始したが、作品に政治的な内容は一切ありません。よりポジティブな結果を想像して作品制作を行ったことで、自分自身が色々な出来事に反応しているのがわかりました。エイリアン、人類、そしてその間の子を描くことは、今日の我々の社会における難民や移民をどの様に理解するのかを象徴しています。しかし、私の絵画作品は、人類が難民で、エイリアンが迎えられるべきホストとなっています。

“Futurealism(未来的写実主義)”として私が表現する進行中のテーマの一部が今回の展覧会の作品です。芸術的な表現を通して想像し、ポジティブな未来を表しています。

CATEGORY

CALENDAR

11月 2017
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • ARCHIVE

TWITTER

SEARCH

ACCESS

〒164-0001
東京都中野区中野5−52−15
中野ブロードウェイ 3F
03-5345-7825
開廊時間:12:00 - 19:00
定休日:通常は水曜定休とさせて頂きますが、その都度お知らせ致します。

マップはこちら