「多様形態」マーク・ライデンの希少エディション展

 

この度Hidari Zingaroでは、GEISAI∞infinity 2016年第3弾として、
「多様形態」マーク・ライデンの希少エディション展を開催します。

“Diversiform” An exhibition of rare editions by Mark Ryden
The third installment of GEISAI∞infinity in 2016.

会期
2016年10月15日(土) – 11月1日(火)
12:00-19:00
※レセプション 10月15日(土)18:00~予定
※水曜定休

Date
Oct 15 (Sat) – Nov 1 (Tue)
12:00 – 19:00
※Opening reception on Oct 15 (Sat), 18:00 – 20:00
※CLOSED on Wednesdays

Reference Works

p1
 Photo by Gilles Berquet

マーク・ライデンさんは、古い友人です。
というか、マーク・ライデンさん、僕、奈良美智さんとか、
みんな同世代で、同じ方向を見てきた作家な気がします。
同じ方向というのは、幼少時にサブカルチャーの洗礼を受け、それが強烈にインプリントされている。
しかし絵を学びだした青年時から芸術の歴史を学び始め、同時に絵画制作の技法も習得し、
そしてそれらを自在に使いこなせるようになった結果、歴史的な絵画制作方法とサブカルチャーを
ミックスさせれることに成功した世代、とでもいいましょうか。

そういう意味で、とても親近感のある作家さんなのです。
アメリカの16代大統領リンカーンをよく題材にしますが、漢字や日本のサブカルの
可愛らしいアイティムも絵の中に登場し、いかにもアメリカの西海岸の文化そのものであると感じます。
そのマーク・ライデンさんに中野ブロードウェイという日本のサブカル文化の中でも
最も濃度の濃い空間で展覧会をおこなっていただき、かつ、その中で息を吸ってもらうことが、
彼の芸術のもっと深い部分に影響をおよぼすのではないかと思い、とてもクリエイティブな気持ちで、
かつ、ダメ元で展覧会やってもらえないでしょうか?とアプローチしたところ、
なんとOKだったのでびっくりしたのです。
僕はとってもうれしいです。

彼の作品をつよく感じたのは、LAの高台に位置する、レオナルド・デカプリオさんの自宅に
お邪魔した時に、マーク・ライデンさんの作品が、ある部屋いっぱいに30〜50作品ほど、
埋め尽くされていて、その妖気の漂いとともに、ハリウッドセレブのアートの収集の仕方にも驚嘆したりしました。また、マイケルジャクソンさんの「DANGEROUS」というアルバムジャケットもマークさんの作品なのです。こんなにすごいアーティストなんですが、本当に気さくでいい人。

是非、オープニングに駆けつけてきてほしいです。

村上隆

マーク・ライデンは1987年にArt Center College of Design in Pasadenaにて BFAを修了。
そのペインティングは、シアトルのFrye Museum of ArtとPasadena Museum of California Artにおける回顧展「Wondertoonel」やロサンゼルス現代 美術館のグループ展「The Artist’s Museum」を含め、世界各国の美術館やギャ ラリーで展示されている。
現在ロサンゼルスに在住し制作活動を行っている。

Mark Ryden is an old friend of mine. Or rather, Mark Ryden, Yoshitomo Nara, and I, among others, belong to a generation of artists who have been facing in the same general direction. What I mean by the “same direction” is that as children, we were baptized in subculture and that experience remains intensely imprinted on each of our beings. When we subsequently began painting in our adolescent years, we also started to study art history while simultaneously developing our painting technique. Once we had full command of both of these, we succeeded in combining historical painting methods with subculture. That, in a nutshell, is our generation.

In that sense, he is an artist with whom I feel a strong affinity.

He often depicts the sixteenth American President Abraham Lincoln as his subject, while including in the same picture elements such as Chinese characters and adorable motifs from Japanese subculture; I feel his work embodies the American West Coast culture itself.
I got the idea, then, that having Mark hold a show in Nakano Broadway, Japan’s most densely concentrated subcultural hub, and allowing his lungs to breathe in that air, might influence his art at a fundamental level. It was with that creative mindset, and the feeling that I had nothing to lose, that I approached him and I was pleasantly surprised when he accepted my invitation. I can’t tell you how pleased I am.

I remember keenly sensing the strength of Mark’s work when I visited Leonardo DiCaprio’s house up in the hills of Los Angeles. In one of the rooms, thirty to fifty of his works completely covered the walls. I was utterly amazed by both the otherwordly air the works exuded and the manner in which a Hollywood celebrity collected art. Mark’s artwork also adorned the album jacket of Michael Jackson’s Dangerous.
And despite all his achievements, he is absolutely kind and unpretentious in person.

I sincerely hope you will all come meet him at the opening.

-Takashi Murakami

 

Mark Ryden received a BFA in 1987 from Art Center College of Design in Pasadena. His paintings have been exhibited in museums and galleries worldwide, including a retrospective “Wondertoonel” at the Frye Museum of Art in Seattle and Pasadena Museum of California Art, and in the exhibition “The Artist’s Museum” at the Museum of Contemporary Art in Los Angeles. He currently lives and works in Los Angeles.

CATEGORY

CALENDAR

7月 2017
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • ARCHIVE

TWITTER

SEARCH

ACCESS

〒164-0001
東京都中野区中野5−52−15
中野ブロードウェイ 3F
03-5345-7825
開廊時間:12:00 - 19:00
定休日:通常は水曜定休とさせて頂きますが、その都度お知らせ致します。

マップはこちら