snipe1個展 「“METAVIRUS” don’t say it, spray it」   JP/EN/CN


 

Hidari Zingaroでは、2月24日(土)より、snipe1個展「“METAVIRUS” don’t say it, spray it」を開催致します。

日本のグラフィティシーンの黎明期より活動し続けている、日本人グラフィティライターのパイオニアのsnipe1は、10代の頃より90年代前半のNew Yorkのグラフィティ界に身を投じ、その後、世界各国を渡り歩いて各国のグラフィティコミュニティとのコネクションを築いた後に帰国。活動の拠点を日本に移し、今日までの日本に於けるグラフィティカルチャーの宣教師として、この文化の興隆にアンダーグラウンドで多方面に尽力してきました。

snipe1のグラフィティは、ストリートの感性を汲んだ、ダーティー且つ誰にも似ない独自なスタイルを貫いており、常に固定観念を破壊する危うさを孕んでいます。近年では、多くの企画への参加やアレンジ、有名ファッションブランドとのコラボレーション、村上隆やMADSAKI作品への制作協力等も行っており、活動媒体を多方面に展開しています。昨年はHidairi Zingaroにて、MADSAKIキュレーションの3人展、「MADSAKI Says “Yo!snipe1 & UFO907, Get Your Asses Over Here!”」に参加し、大きな反響を得ました。

今回の作家の初となる個展「“METAVIRUS” don’t say it, spray it」では、「グラフィティとは何か?」という、作家のパーソナルで根源的な問いの中から紡ぎ出された思いを表しています。snipe1のテーマでもある、グラフィティが内包するイリーガルな事象や、レター(文字)を描く行為の魅力を、自身の別名でもあるMETAMANIAKSとウィルスを掛け合わせた造語により、感染するかの如く侵食するグラフィティの伝播力を、「don’t say it, spray it(何も言わずにスプレーしろ!)」という意思と共に、作品のコンセプトに込めています。

snipe1による、グラフィティの本懐でもある、大胆かつダーティーで、野生的な感性によるインスタレーションを、是非体験頂きたく存じます。

 
会期
2018年2月24日(土) – 3月13日(火)
12:00-19:00
※レセプション 2月24日(土) 18:00~予定
※水曜定休

Reference work

  • CONSUMER, 2017
    Spray on Canvas
    Size:3550 x 2100mm
  • 舞台Wagner Project内インスタレーション, 2017
    Spray on Walls
  • 404NOTFOUND , 2017
    Spray on Walls
  • door, 2017
    Spray on Wood
    Size:770 x 1400mm
  • MADHAKAS, 2017
    Spray on Cans
    Size:1200 x 500mm

snipe1 (スナイプワン)

10代の大半を米国で過ごし、90年代前半のNEW YORKグラフィティに魅了され、94年日本に帰国。その後世界各国を渡り歩いた際、発見の連続で己のするべきことを見つけ出すが、国内では全く受け皿を発見できず、結局アンダーグランド街道を驀進。数々のグラフネームを持ち、今回は最初の名前でこのインスタレーションに参加、少しでも多くの方にこの現状を伝えるべく宣教者として活動を開始。アブストラクト、グラフィティラヴァー。固定観念にとらわれないMAD WORLDを絵や音楽等、各媒体で展開中。

3 / 3123

CATEGORY

CALENDAR

7月 2018
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • ARCHIVE

TWITTER

SEARCH

ACCESS

〒164-0001
東京都中野区中野5−52−15
中野ブロードウェイ 3F
03-5345-7825
開廊時間:12:00 - 19:00
定休日:通常は水曜定休とさせて頂きますが、その都度お知らせ致します。

マップはこちら